【デイトラ】Shopifyコース DAY1の感想と学習記録

pc Shopify

ごきげんよーう

さてさて、デイトラでのShopify学習2日目!

本日の学習内容は、「売れるストアにするための準備」です!

スポンサーリンク

【DAY1】売れるストアにするための準備

本日学んだ内容は主に下記の2点です。

・ストア構築前の準備

・運営に必要な心構え

ストアを構築する前に必要な準備

当たり前と言えば当たり前なのですが、ストアを作って公開しただけでは売れません。

でも素敵なストアを作って公開したら、何となくそれだけでお客さんが集まってきてくれそうな気がしちゃいますよね。

 

それで、思ったより売れない…→もう辞めようになってしまうのはすごく勿体無いなと思いました。
なので、「ストアを作っただけでは売れないよ」ということはしっかり伝えようと思います!

 

じゃあ、実際にお客さんに来てもらうにはどうすれば良いのか?を今回のレッスンでは学びました。

常にお客さんの目線で

本日も色々な心構えや必要な知識を学びましたが、大切なのはどんなときも「お客さんの目線でいること」だと感じました。

 

もし自分がお店のオーナーだったら、「これだけ情報があれば十分」とか利益のこととかも考えちゃうと思うんですよね。

 

でも、わたしが今まで「素敵なお店だな」と感じたお店って常にお客さんにgiveすることを最優先にしていました。

 

わたしには大好きなケーキ屋さんがあります。
実は、そのケーキ屋さんは突出して美味しい!というわけではありません。
他のお店と同じくらいの美味しさです。

 

でもわたしはケーキを買う時は他のお店ではなく、そのお店で買います。

何で?

理由は下記の通りです。

・店員さんがみんな笑顔で感じが良い

・「いつもありがとうございます」と挨拶してくれる(顔を覚えてくれている)

・商品を買った後は、どんなにお店が混んでいてもお店の前までお見送りしてくれる

・店内が清潔で可愛い

もしかしたら、何だそんなこと?と思われるかもしれません。

でもめったに行かないのに、顔を覚えてくれているのは嬉しいです。
そして、いつ行っても笑顔の店員さんがお出迎えしてくれると元気をもらえます。

 

だからこそ、このお店は特別美味しいわけではないけれど、人気店なのだと思います。

 

実はそこの近くに味がすごく美味しいケーキ屋さんがあるのですが、わたしがいつも行くお店ほど人気ではありません…

 

わたしもそこのお店へは2回しか行っていません。
理由は店員さんがすごく不愛想で冷たいから。

 

どんなに美味しくても、買う度に萎縮してしまうようなお店へは行く気になれません。
きっとお客さんは「ケーキを買う」だけではなくて、そこのお店でのコミュニケーションも含めて判断しているのかなと思います。

 

お店のオーナーさんには「自分がお客さんだったらどんなお店に行きたいか?」を考えてもらうのも良さそうだなと思いました。

覚悟が大切

さて、今日学んだもう1つのこと。
それは、オーナーさんに覚悟を持ってもらうこと

 

どんなに素敵なストアを作ったとしても、結局それを運営していくのはオーナーさんです。
決して安くはないコストを払い続けられるか?コストをかけない代わりにリソースを割くことができるか?

 

その覚悟はあるのか?を問うのも受注する側に必要なのかなと思いました。

良いことだけを伝えるのではなく、覚悟やデメリットも伝えて信頼を積み重ねること。

そして何よりストアを構築したいけど、なかなか勇気が出ないオーナーさんの力になって背中を押すこと。

 

そんな案件受注者になれたら良いなと思いました。
そのためにも今は基礎をしっかり固めないとですね!

おわりに

ストア構築は、わたしが想像していた以上に考えることが沢山ありました。

恥ずかしながら、わたしも「ストアを作ったら売れるようになる」って思ってたよ…

でも、場所がオンラインかオフラインかというだけ「お店を開く」ことには変わりないですもんね。
そりゃ大変です。

 

でも、考えることが沢山あるからこそ面白いなあとも思いました!

今日のレッスンで紹介されていた「マンガでわかるECビジネス」という本も早速購入しました。

まんがでわかる ECビジネス | 千種, 高田, 進也, 仲山 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで千種, 高田, 進也, 仲山のまんがでわかる ECビジネス。アマゾンならポイント還元本が多数。千種, 高田, 進也, 仲山作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またまんがでわかる ECビジネスもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

少しずつ知識を増やしていきたいと思います。

 

ではでは〜

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました