【デイトラ】Shopifyコース DAY2の感想と学習記録

cake Shopify

ごきげんよーう

 

デイトラでのShopify学習3日目です!

本題に入る前にちょっと自慢させてください。
アイキャッチのストア、今日のデイトラで作ったんですよ!(感動しすぎて思わずスクショしました。)

 

すごくないですか?すごいですよね!ね!!
すごいのはデイトラとShopifyですけどね!

 

というわけで、今回からいよいよサイトの構築に入っていきます!

スポンサーリンク

サイトに登録

まずはShopifyにユーザー登録をするところから。

この辺りは普段パソコンを使っている方なら問題なく操作できると思います。

 

パートナー(サイト制作者)オーナー(ストア制作を頼む人)の2人分のGmailアカウントを用意する必要があります。

今回は1人2役ということですね!

わたしは普段使いのアドレスと適当なGmailのアドレスを持っていたので、それを使いました。

 

2つのアカウントが用意できたら、お客さんをスタッフアカウントへ招待します。
この辺りも動画の通りに進めればサクサク終わります。

商品登録

ここからはいよいよ商品登録です!
今回は写真などはデイトラが用意してくれたものを使います。

これがまたオシャレでわくわくするのよ・・・!

ちなみにわたしはこのレッスンで初めて「SKU」というものを知りました。

Stock Keeping Unitの略で、商品の在庫管理を行うときの最小の管理単位のことだそう。

 

例えば、あるTシャツがあったとします。

S・M・Lの3種類のサイズ展開があれば、これで3SKU

それぞれのサイズに赤・白・黄と3種類のカラーバリエーションがあったとします。

この時同じデザインのTシャツは9SKUあるという考え方になります。

 

多分頭で考えるより紙に書いてみるとわかりやすいです。
昔数学でやった確率の問題を思い出しました。(数学めちゃくちゃニガテでした)

 

SKUの理解は「どの商品が売れているか」を把握するのにとても役立つそうです!
正直、まだあまりピンと来ていませんが、こういうさらっと流されがちな箇所もしっかり説明してくれるのはありがたいな〜と思いました。

Shopifyではブログも書ける!

驚きだったのが、Shopifyではブログも書けるということ!

わざわざブログを他のサービスで始めなくても良いのは、これからショップを開く方にとっては便利ですよね!

販売もお店からの情報発信も一元的に管理できるのはめちゃくちゃ良いなと思いました。

テーマの読み込み

Shopifyには9つの無料テーマと沢山の有料テーマが用意されています。
WordPressみたいですね!

適用方法は簡単で、Shopifyから好きなテーマを選んだら読み込むだけ!
一瞬でオシャレな見た目が完成します。

テンプレートを元に自分でデザインを調整していく感じです。

 

デザインの調整も感覚的に出来るので、かなり楽でした。
HTMLやCSSの知識もほぼ要らないんじゃないかなと思います。

ティザーサイトの作成

何やらまた難しいワードが出てきたぞ・・・

恥ずかしながら、わたしはティザーサイトの意味も知りませんでした。

ティザー(teaser)とは、英語で「おちょくる人」「じらす人」という意味があるそうです。

 

転じて、「情報を小出しにする」という広告業界の用語なんだとか。

ティザーサイトは、企業が新商品の発売前やサイトオープン前などにユーザーに対して情報を発信していくサイトのことなんですね。

 

AppleのMacintoshのCMとかティザー広告として有名らしいです。
1つ賢くなりました。

 

話が逸れましたがそんなティザーサイトも作れちゃうなんてすごすぎですね、Shopify!

おわりに

実際に手を動かしてサイトを作っていくのは楽しかったです!

ただ一度レッスンを受けたらサクサクストア構築が出来るかというと、そうではないと思います。

特にわたしは覚えるのに時間が掛かるタイプなので、デイトラ一周したら自分のストアを作ってみたいなーなんて思っています。

 

とにかくまずは先に進まなきゃですね!
ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました