デイトラのShopifyコースの魅力と実際の案件獲得について

student-849822_1920 Shopify

ごきげんよーう

今回はデイトラのShopifyコースについてです!

 

デイトラのShopifyコースが気になる…

という方に向けた記事です。

スポンサーリンク

デイトラとは?

デイトラとは、一言で言うとオンライン型のスクールです。
合同会社東京フリーランスが運営しています。

web制作やPython、Ruby on Railsなど主にプログラミング関係の知識を学ぶことができます。

2021年3月現在は下記の7つのコースを受講することが可能です。

 

・WEB制作コース

・Ruby/Railsコース

・WEBデザインコース

・ShopifyEC構築コース

・動画制作コース

・Pythonコース

・広告運用コース

 

他のオンラインスクールと違うところは、SNSを中心に拡がったスクールだという点です。
Twitterなどで調べるとデイトラの口コミが沢山出て来ますよ。

デイトラのすごいところは、買い切り型+カリキュラムがアップデートされることです。

多くのスクールは、卒業後はカリキュラムが見られなくなってしまいます。
でもデイトラは一度コースを買ってしまえば、ずっとカリキュラムが閲覧できるんです。

しかもカリキュラムが頻繁に更新されるのです…!
実際にShopifyコースもわたしが購入後にカリキュラムが更新されています。

これはすごいサービスですよね!

 

 

Shopifyコースで学べること

デイトラのShopifyコースでは主に下記のことが学べます。

 

・Shopifyについて

・Shopifyの勧め方・準備

・実際のストア構築〜ストア譲渡までの流れ

Shopifyについて何も知らない方でも、このコースを受ければ一連の流れを抑えられます。
「Shopifyって何?Spotifyの仲間?」レベルだったわたしでも案件を取れたので、間違いありません。
しかも、デイトラのカリキュラムは実案件を想定した内容になっています。
なので、「こういうところを押さえておくと良いですよ」「ここを伝えると喜ばれますよ」というポイントも教えてもらえるんです。
お客様に喜ばれる仕事ができれば、お互いに良い関係を築けそうですよね!
お客様と良い関係を築くことは、今後の仕事にも繋がっていくはずです。
実際わたしもShopifyの依頼を受けた後、そのお客様の紹介で別の方の依頼を引き受けたとがあります。
Shopifyのストア構築を依頼されるお客様は経営者の方が多いので、お客様の人脈からお仕事をいただけることもありますよ。

学習の流れ

まず、これまでShopifyを触ったことがないという方はデイトラのShopifyコースを全てやり切ることをおすすめします。
というのも、Shopifyコースを最後までやり切ると、自分のストアが1つ完成するんです。

今後案件を受けていく上でも自分のストアは必要になってきます。
お客様のストアにアプリをインストールする前に自分のストアで試したり、新しいコードを追記する時にちゃんと動作するか確認したりするためです。

なので、学習しつつ自分のストアを完成させることを目標にしましょう。

すでにShopifyは触ったことがあって、自分のストアも持ってるよ!という方は、ご自身の知識の薄い部分をかいつまんで学習するのがおすすめです。

実案件に即したアドバイスが要所要所にあるので、既に知っている内容でも目を通しておくと新しい発見があるかもしれません。

それと、個人的にアウトプットは大事だと思っています。
コースは実際に手を動かしながら進めていくので、動画を観て終わりにはなりません。

それでもTwitterで今日学んだことを呟いたり、ブログ記事にして学んだことを要約するとより学習内容が定着します。

Shopifyの案件を取っている方や学習中の方とSNSで繋がれたりするので、モチベーション維持にもなりますよ。

デイトラは1日分のカリキュラムをクリアするごとにSNSで報告できるんです。
デイトラの関係者の方がいいねしてくれるので、こちらもモチベーションアップに繋がります。

 

 

案件を取るまでにしたこと

以前も案件を取るまでにしたことをご紹介していますが、今回はデイトラコース受講後に案件を受注するまでの流れをご紹介しますね。
Shopifyで初案件を獲得するまでにしたこと
ごきげんよーう さてさて、先日念願のShopify初案件を獲得することが出来ました! よし。よし! 言うぞ! 遂に!shopifyの初案件取れましたああ! と言ってもちょっとしたお手伝いなのですが😅 案件ダメになった...

 

ちなみに「デイトラのShopifyコースで学んだことが役立つのか?」という点に疑問を持つ方もいるでしょう。
結論、役立ちます。

というのも、カリキュラムそのものが案件を取ることが前提に作成されているからです。
例えば、案件を受ける前に「Shopifyって何なの?BASEで良くない?」という質問は定番です。笑
この質問に対して明確に回答できるのはデイトラのおかげです。

 

それでは受講後の流れについてご説明しますね。
Shopifyコースを最後までクリアしたら、案件は一通り受けられるレベルになっているはずです。
なので、まずはひたすら行動していきましょう!

わたしは案件を獲得するために下記のことをしました。

 

・ココナラに出品する

・クラウドワークスで提案する

・Twitterで無料募集をかけてみる

・ランサーズで提案する

・ジモティで出品する

・友人にアピールする

・アメブロで無料募集をかけてみる

 

最初は報酬より実績重視で案件を受けました。
実績ゼロから1にできれば、それだけで仕事を依頼される確率が上がるからです。

実績を0→1にする時が1番苦しいですが、ここだけは諦めずに行動あるのみです。

案件を受けるまでの心構えについても少しお話しておきますね。
最初に言っておくと、想像以上に大変だということは覚悟した方が良いです。

 

わたしの場合、まず案件獲得に思ったより時間がかかってしまいました。
結局ランサーズで初案件を獲得したのですが、内容もめっちゃ難しかったです!
わからないことだらけで、引き受けたことを一瞬後悔したことも…

でもデイトラのカリキュラムを見たり、Googleで調べながら何とか納品しました。
自信が持てない部分は、デイトラのカリキュラムの動画を何度も確認しましたよ。
こういう時、動画だとありがたいですね。

初案件は難しいけど勉強になることも沢山ありますし、何よりストア構築に関われたことがとても楽しかったです。

ちなみに困ったら大体Shopifyのヘルプセンターに行くと解決します。
特にLiquidファイルを触る時はヘルプセンターがかなり役立ちますよ。

Shopify ヘルプセンター
Shopify について学び、使用する際には、Shopify ヘルプセンターがサポートします。私たちはあなたの質問に答えるためのドキュメントやビデオを持っています。

 

あと、デイトラの特典資料もめちゃくちゃ便利です。
ヒアリングシートは、お客様の漠然としたイメージを言語化するのに役立ちます。
タスクリストもいつまでに何をしなければいけないのかが一目で分かります。
特典をフル活用することで、あまりShopifyの知識のないお客様にもShopifyの魅力やタスクを伝えやすいです。

デイトラのShopifyコースで注意すること

さて、ここまでデイトラのShopifyコースについてご紹介してきました。
実案件に即しており、受けて損はない講座です。

ただ、注意点もあります。

それは、行動するのは自分だということ。

どんなに素晴らしいカリキュラムでも、手を動かして学習するのは自分自身です。
案件も自分で行動して取るしかありません。

Shopifyコースを受講したからと言って自分で動かなければ案件は取れないので、そこは注意してくださいね。

案件を受注するために必要なこと、お客様のためになる情報はデイトラのShopifyカリキュラムに詰まっています。

あとは行動あるのみです!

おわりに

デイトラのShopifyコースについてご紹介しました。

「独学でいきなりShopify案件を受けるのは不安だな…」という方にはこちらのコースはめちゃくちゃおすすめです!

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました