仕事を辞めたくなったら考える3つのこと

woman 仕事

ごきげんよーう

 

さてさて会社員のみなさま。
仕事、楽しんでますか?

 

楽しんでるという方は素晴らしいです。

しかし、「全然。もう仕事辞めようかな〜」と迷っているあなたへ今日の記事を捧げます。

スポンサーリンク

3つの切り分けをしよう

「仕事辞めたい」と思っても「本当に今辞めて良いの?」って思うこともあるはずです。
そんな時にまずしたいことがあります。

それは、「切り分け」です。

仕事を辞めたいと思ったからには、何か原因があるはず。
その原因を切り分けていくことで今仕事を辞めるべきか否かが見えてきますよ。

切り分けは3つあるので、1つずつ見ていきましょう。

一時的なものかどうか

まずは「その気持ちが一時的なものかどうか」です。
「仕事だるい」「仕事で失敗して辛い。もう辞めたい」と感じることは誰にでもあることです。

わたしも仕事で失敗した上に難しいお客様の対応をした日は、完全に心折れてました。
「絶対向いてない。もう辞めたい…」と考えていたのを覚えています。

 

その時は本当に辛いし、辞めたくて仕方ないのですがそういう気持ちは大体1ヶ月くらいで落ち着いてきます。

自分の中で1ヶ月・3ヶ月など区切りを決めて、それ以上経っても気持ちが変わらないのであれば辞めることも視野に入れてみましょう。

ここで注意したいのが最低でも1ヶ月以上は時間を取ること。
あまりにも短いスパンで区切ってしまうと冷静な判断ができません。

自分の輪の範囲か

次に「自分の輪の範囲内かそうではないか」です。
言い換えると「自分の力でどうにかなるのか、ならないのか」ということ。

 

例えば、「会社が引っ越しすることになった。今の家から片道3時間も掛かる。引っ越し代も出ない。」とかであれば自分ではどうにもできません。

上司に土下座して頼んでも、状況が変わることはまずないでしょう。

自分の力でどうにもならないことが原因なら、辞めるのはアリです。

 

しかし、「人間関係」や「仕事内容が合わない」「会社の方針についていけない」は実はまだ自分にできることがあるのです。

 

まず、人間関係、仕事内容が合わないという悩み。
こちらに関しては上司や上層部に相談する、異動希望を出すなどが可能です。

 

「会社の方針についていけない」は急に会社の方針が変わって、締め付けが酷くなったりするケースですね。

こちらは一見自分の力ではどうにもならないように思えます。

でも、納得いかなければ上司や担当部署に相談することが可能です。

 

そして、もう1つ。

自分の発言力を増す」という手があります。

 

「どうしても納得できない、一言言いたい!」と思っても、自分の発言力が低ければ誰も聞いてくれません。

そこで、仕事などで成果を出すことで社内で一定の発言力を持つことができます。
「文句言うならやることをやってから」ですね。

とは言え発言力を持ったからといって改善されるとは限りませんし、即効性もありません。

そこまで待ってられない、そんな情熱ないと言う方は別の仕事で頑張る方が効率的かもしれませんね。

 

個人的にこの「自分にできることをできる範囲でする」は一度試してみて欲しい方法です。
というのも、わたしは人間関係で悩んだ時と会社の方針についていけなかった時、この方法を実践していたんです。

具体的には「転職するためにスキルをつける」でした。
辞める気マンマンです。笑

 

すると、自分のことに集中するようになったためか「仕事嫌だ」という気持ちが軽減されました。
「会社や人への不満」は完全には消えませんでしたが、かなり楽になりましたよ。

そしてスキルもついた頃、その会社は辞めました。

 

辞めたんかい。

 

後悔はしないか

最後は「辞めて後悔はしないか」ということです。

勢いで退職した後で、「次の仕事が決まってなくて、収入が0になった」などの後悔をするのは悲しいですよね。

辞めるにしても次の収入の目処を立ててからにする、など自分が困らないように保険はかけておきましょう。

 

無理はしない

色々と綴ってきましたが、最後に。
今まで書いてきた方法は全て「気力はあるけど、仕事辞めようか迷ってる」方に向けた方法です。

「もう気力もない。ただひたすらしんどいけど、辞めるなんて甘えかもしれない…」という方に向けたものではありません。

そういう方に無責任に言葉は掛けられないのですが1つだけお伝えするなら、1番大切なのは自分です。

 

「会社を辞めたら、お金に困る」「この程度で会社を辞めるなんて、甘えかもしれない」
そう思う気持ちもあるかもしれません。

でも、今の労働環境が酷くて辛くて仕方がないのなら、まずは自分にとってベストなのは何か考えてみましょう。

それがわからないなら、周りの信頼できる人を頼って良いんです。

 

大切な自分を守れるのは自分だけです。

 

おわりに

今は割と自由に仕事してますが、新卒で入った会社を始め、仕事関係では割と色々経験してる方かなと思います。

 

過去のわたしに向けて書いた記事でもあるので、同じことで悩んでいる方のご参考になれば嬉しいです!

 

ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました