読書の習慣をつけるためにするたった1つのこと

book 読書

ごきげんよーう

 

この記事は

読書を習慣づけたいけど、なかなか続かない…

興味のある本しか読めないんだよね…

という方におすすめです。

何を隠そうわたしがまさに上記の悩みを抱えていたからです。
でも、今では週に2〜3冊本を読んでいます。

 

わたしが読書を習慣づけるためにしたことはたった1つ。

3週間毎日1分でも良いから本を読むです。

 

詳しく解説しますね。

スポンサーリンク

まずは3週間を目標にしよう

この3週間という数字には意味があります。
人間が何かを習慣づけるには21日間かかると言われているそうです。

 

つまり、ちょうど3週間毎日続ければ習慣になるということ!
これを使わない手はありません。

 

とは言え、読書嫌いの人がいきなり3週間毎日本を読めと言われても苦痛でしかないですよね。
なので、ハードルは1番下まで下げましょう。

 

1日1分でOKです!
わたしは1ページすらハードル高かったので、1分にしていました。

 

調子が出てきたら引き続き読んでも良いですし、気分が乗らなければ1分で強制終了。
これなら気軽にできそうな気がしませんか?

いきなりビジネス書を読むと失敗する

 

そもそも読書を習慣づけたい方って必要に迫られてだと思うんですよね。
仕事で活躍するためにビジネス書を読まないといけないとか、もっと本を読めと言われたとか。

 

でも、ここで注意したいのがいきなり難しい本を読むと100%挫折します。
英語嫌いの人がいきなりニューヨークタイムズを読むようなもの。

 

ここでもハードルは最大限に下げます。

個人的におすすめなのは、1冊ずつ交互に簡単→難しい(ビジネス書)→簡単な本を繰り返し読むことです。
難しい表現に少しずつ自分を慣らして行くんです。

 

読みたい本がなければ、絵本や自分が小学生の頃に好きだった本を読み直すのも面白いですよ。
改めて読み直してみると意外に新しい発見があって楽しいです。

 

難しい本もいきなり7つの習慣みたいな分厚い本を読むんじゃなくて、比較的ライトなビジネス書を読むのがおすすめ。

 

わたしは「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」や「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」などビジネス書の中でも比較的自分が興味を持てそうな本から読み始めました。

 

習慣化できたらすること

 

さて、読書を習慣化できたら後は知識を増やしていくだけ!
興味の範囲を少しずつ広げていくと、読みたい本も自然と増えてきます。

 

テーマを決めてその知識を深堀りするのも良いかもしれません。

例えば、わたしは「ホスピタリティ」の知識を深めたかったんです。

ホスピタリティを極めれば、純粋なおもてなしだけではなくて「怒っている人をファンに変える」みたいなこともできると思ったんですよね。

 

なので、リッツカールトンの本→ディズニーの本→クレーム対応の本…みたいにちょっとずつ「ホスピタリティ」の範囲を広げていきました。

 

おわりに

自分の知識が増えるのは単純に楽しいですし、それを日常生活で活かせた時は何とも言えない達成感があります。

 

知識を誰かに還元するつもりで読書をするのも頭に入ってきやすくておすすめです。
なので、わたしもこのブログで読書の感想などをアウトプットしていきたいなと思っています!

ぜひ色々な読書の方法を試して、あなただけの「読書法」を見つけてみてくださいね!
ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました