30歳の転職のきっかけと退職表明までに準備したこと

student-849822_1920 仕事

ごきげんよーう

随分記事の更新に間が空いてしまいました。

実は現在絶賛転職活動中なのです。

一応在職中ですが、退職はすでに決まっています。

 

全て終わってからまとめて記事にしようと思っていたのですが…
このリアルな心境は今しか書けないかな、と思い少しずつ記事にすることにしました!

30代で転職を考えている方、転職活動中の方のご参考になれば嬉しいです!

今回は転職のきっかけと退職するまでに準備したことをまとめてみます。

スポンサーリンク

転職のきっかけ

転職のきっかけはありがちですが、会社への不満ですね。
社内でわたしの部署がかなり軽く見られていたこと、ビジネスモデルやキャリアパスに先がないことなどが大きな理由です。

また、詳しくは書けませんが、会社の方針転換によりお客様に不利な状態で業務をしなければならなくなりました。
お金と時間を使ってサービスを受けているお客様に対して申し訳なさが募ってしまったのもあります。

そういう小さな不満はあったものの、人間関係などは最高の職場だったので続けていました。
ただ、今回のコロナによりまあ色々ありまして。

更にキャリアパスに先が見えないことが分かっていて続けるのはマイナスにしかならないとも思ったんです。

30代は20代より不利なことは間違いない。
それなら少しでも若いうちに転職活動を始めようと思いました。

そんなわけでかなり悩みましたが、退職を決意しました。

在職中or退職後に転職活動?

よく転職で悩みに上がるのがこれではないでしょうか。

在職中に転職活動をするか、退職してから転職活動をするか?

わたしもかなり悩みました。
在職中は時間が限られるし、退職後はお金の不安がある。

とても悩んだのですが、退職してから活動をすることにしました。
理由としては下記の通りです。

・会社都合で退職できる(失業保険がすぐにもらえる)

・貯金がある程度ある&実家に戻る選択肢がある

 

職歴に空白期間が出来る懸念もありましたが、時間が多く取れる方を選びました。
出来れば実家に帰らず転職活動を終えたいので、ある意味自分にプレッシャーを掛ける意味もあります。

 

貯金が無かったり、実家に帰れる選択肢がない場合は在職中に転職活動するのをおすすめします。
メンタル的にもしんどいですし、焦って希望しない会社に転職してしまう恐れもあります。

選択肢があっても収入がなくなる恐怖や焦りは想像以上です。
選択肢がない場合その感情はもっと大きくなるはずなので、収入源は確保しておきましょう。

 

退職表明までに準備したこと

さて、退職の意思を伝えるまでに準備したことですが、こんな感じです。

・廃業届を出す

・エージェントに登録する

大したことはしてないですね。笑
わたしは個人事業主として開業していたので、廃業届を出しました。
個人事業主は会社を辞めたとしても別に収入源があるとみなされるため、たとえ収入が0円でも失業保険がもらえないんです。
もともと副業でお小遣い程度の収入だったため、廃業することにしました。
また機会があれば開業するって感じですかね。
この辺りに不安がある方は最寄りの税務署やハローワークなどに問い合わせてみるのがおすすめです。
エージェントはとりあえず登録しました。
まずは自分のしたいことや求人を紹介してもらうのが大切かなと思ったので。
ただ、正直ほぼ活用していません。
現在わたしはwantedlyメインで就活してます。
エージェントに登録するメリットとしては、自分のしたいことや強みを言語化したり、職務経歴書・履歴書作りを手伝ってもらえることかなと思います。
わたしが登録したのはIT求人ナビとリクナビネクスト

それからGeeklyです。
IT業界目指すならIT求人ナビとGeeklyはおすすめです。
逆にその他の業界ならリクナビネクストが強いと思います。
自分で探すならwantedlyやGreenがおすすめです!

退職を伝える

さて、準備ができたらあとは退職の意思を伝えるだけ。
わたしの場合は状況が少し特殊だったので、上司に伝えるときに退職理由は考えなくてOKでした。
もし伝える必要があった場合はわたしなら「他にやりたいことがあってそれが現職では実現できない」みたいな伝え方をするかなーと思います。

ただ、引き留めはあるので強い意志は必要でした。

退職を伝えた後は引き継ぎ業務やら普段の業務やらをこなしていました。
お世話になった会社なので、残る人たちに少しでも残せるものは残したいと思い、ゴソゴソ準備をしていました。

おわりに

これがわたしの退職のきっかけと意思を伝えるまでの流れです。
特に大したことはしていないですね。もっと色々してたつもりだったんだけど。笑
このフェーズで1番しんどかったのは「辞めるか続けるか」を悩み続けた時期ですね。
会社への不満はあるものの、会社を嫌いで辞めるわけじゃ無かったので…
夜も寝られない日が何日も続いて、出社しても「もうこのメンバーと働くことはないのかな…」と考えて泣きそうになったり。
それでもずっと続けることは難しいとも感じていたので退職を決意しました。
同時期に退職を決意した同僚の「この決断を正解にするしかない」という言葉を胸に転職活動を続けていきます。
今転職活動中の皆さんも苦しい時があるかもしれませんが、息抜きしつつ一緒に頑張りましょうね!
ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました