四角いフライパンsuttoを使った感想

sutto 一人暮らし

ごきげんよーう

 

今回は

 

suttoというフライパンが気になる…

本当に使いやすいのかな?

 

という方に向けた記事です!

スポンサーリンク

四角いフライパンsuttoとは?

 

今SNSで話題の「sutto」というフライパンをご存知ですか?
ドウシシャという会社が販売しているフライパンなのですが、今大人気なのです!

 

 

このフライパンの特徴は何と言っても四角いこと。
フライパンが自立するので、狭いキッチンでも場所を取りません。

省スペース、おしゃれ、使いやすいなどの理由でSNSでバズりまくっているのです!

わたしも購入し、1ヶ月ほど使用した感想をお伝えしますね。

suttoのメリット

場所を取らない

まずは何と言ってもこれ。
わたしが購入したのも「場所を取らない」に惹かれたからです。

一人暮らしのキッチンって狭いので、フライパンは場所を取るんですよね…
シンク下に片付けようにも、シンク下も狭い。

 

わたしはゴチャゴチャした空間がとても苦手でして…
片付かないくらいなら、フライパンは要らない派でした。

ずっと小さな片手鍋1つで自炊してたんですが、suttoは我が家の狭いキッチンでも自立してくれるのでとても助かっています。

 

わくほこ
わくほこ

こんな隙間にスッと立ってくれるよ。

 

sutto

 

オール熱源対応

suttoはオール熱源対応です。
ガスでもIHでも使えます!

ちなみに四角いので、卵焼きも作れます。
我が家はIHなのですが、IH対応の卵焼き器ってちょっと高いんですよね。

しかも、場所を取る。
片付かないくらいなら(以下略)だったのですが、suttoのおかげで卵焼きもよく作るようになりました!

ちょっとスリムな卵焼き。

 

卵焼き

 

汁物が綺麗に注げる

スープやお味噌汁を作って器に注ぐ時こぼれないようにするの、大変じゃないですか?
丸い鍋やフライパンだと、最後に結局垂れてきちゃったり。

suttoは四角いので、こぼれないように綺麗に注げるんです!
スープを作る度にこぼれるのが地味にストレスだったので、嬉しいポイントでした!

底が深い

こちらのフライパンは割と深さがあります。
なので、煮物やカレーなども作れちゃうんです!
パスタも半分に切るなどすればできますよ。

小さい片手鍋では難しかった「鶏肉1枚を焼く」なども余裕で出来るので、料理の幅が広がりました!

suttoのデメリット

専用のフタがいる

まあ、四角いので…
普通のフライパン用のフタは使えません。

専用の四角いフタが付いてくるので、それを使用する形になります。

ちなみにわたしはもともと鍋のフタも要らない派です。
アルミホイルをフタ代わりにしていたので、あまりデメリットは感じていません。

フタが必要な方は万一フタが壊れた際は買い直す必要がありますね。

フタが洗いにくい

そしてこのフタがちょっと洗いにくいんです…
普段はそこまで感じないんですが、脂ものを作った後にフタのゴムパッキンの汚れを落とすのが大変でした。

ネットでよく言われている「フライパン本体の四隅が洗いにくい」という口コミはわたしは今のところ感じていません。お湯を入れた洗剤にしばらく浸けた後に洗い流すと、汚れが落ちやすいですよ。

suttoはこんな人におすすめ

suttoをおすすめしたいのはズバリ…

 

キッチンが狭い人!

特に一人暮らしの方には本当におすすめしたいですね!
一人分であれば、これ1つで煮る・焼く・炒める・揚げる・炊く・茹でるが余裕で出来ます!

3サイズあるので、おうちが広い方は3つ揃えるのもアリかと。
めちゃくちゃ大活躍しますよ!

買える場所

suttoが買えるのはドウシシャの公式サイト、Amazon、楽天などです。
一部ホームセンターなどの店舗でも買えるようですが、わたしはまだ見かけたことがありません。

大人気で売り切れのことも多いですが、気長に待ってみましょう!

おわりに

suttoはとても優秀なフライパンです。
新しいフライパンを買おうか迷っている方にはぜひおすすめしたいアイテムです!
ではでは〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました